看護師の一日

看護師の一日の仕事の流れについて、ご紹介します。まず、朝に申し送りから始まります。夜勤業務を行っていた看護師から患者さんの様子を聞きます。
そして、患者さんの体調などのことを聞いて情報を集めます。その後に、環境の整理を行います。患者さんのベッド周りの掃除を行います。
シーツの交換や布団の交換を行います。次にバイタルサインのチェックを行います。患者さんにどのようにして欲しいかを聞いていきます。それから体を拭いたりお風呂に入れたりしていきます。その間に検査がある患者さんもいますので、検査の用意を行っていきます。また、検査室へ連れて行ったりもします。リハビリが必要な患者さんには、リハビリ室へ連れて行くようにします。では、看護師1人で何人の患者さんを担当していくのでしょうか。平均的に5人から8人は、担当していくと聞きます。そのため、仕事に追われて一日がすぐ終わると思います。
その他にも仕事があります。点滴や採血、手術を終えた患者さんを迎えたりします。手術後に看護が必要になると時間が足らないことがあります。
このように、看護師の仕事はとても大変体力が必要になってきます。また、食事の手伝いをしたり、服薬の手伝いもあります。一日にこなす仕事の量が多すぎて効率よく行わないといけません。また、仕事をやっていてもナースコールが鳴ればそちらの対応も行わなければなりません。
自分が思っていた通りに仕事が進まないのが現実です。患者さんの身の回りの仕事を終えたら次は、看護記録をやらなくてはいけません。
これは、今日一日の患者さんの様子を日記にして書き残しておくものです。記録は、誰が見てもわかりやすく書かなければなりません。また、読みやすい字を書いていくことも必要です。
これが書き終わると一日の仕事が終わりになります。この時点で、体は疲れていると思います。看護師という仕事は、体力はもちろん精神的にも疲れてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です