看護師としての信念

看護の仕事をするということは、夜勤と隣り合わせになることなのだと思っている方は少なくないでしょう。患者の容態が悪化する時間帯は問わないため、夜も患者へのスムーズな対応ができるように夜勤で働く看護師の存在が不可欠となるのです。規模が大きい病院であるほどに、入院する患者の数が多いことがうかがえてくるため、場合によっては一人の看護師が何人もの患者への看護を任されることが考えられて、患者の多さに合わせた限られた時間配分で患者を看取らなければならないというプレッシャーがのしかかることで、夜勤の影響で生じる体調の悪さに油を注ぐことになってしまうのが見て取れるのです。
夜勤をするとお肌がカサカサになるからという理由で、夜勤を敬遠する看護師が少なくないでしょう。特に、若い女性看護師であれば張りがあって潤いのある自分の肌が汚されることで、自分の若さが否定されたような心境となり、仮に、若い女性看護師がそうした状況に陥ったのならば、夜勤を美容の大敵として捉えていくのです。それでも、看護の仕事に対してやりがいを感じている看護師ならば、夜勤をすることで自分の肌の美しさが損なわれたとしても、看護師としての信念を貫こうとしていくのでしょう。ただでさえ勤務条件に不満があると転職をする看護師が多い状況で、夜勤ばかりをさせられるようであれば転職を考えてしまうのも必然なのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>